自院の経営課題 整理法

4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる

医業収益対医業利益率が低ければ、販売費及び一般管理費に問題があると推測されます。

実務的には、いわゆる3K(交通費、交際費、広告宣伝費)の改善が行われます。   

iv) 改善案

医業収益対医業利益率改善の方向性は、以下の2つです。 

【販売費の低減】 

● 広告宣伝費の抑制 ● 交際費の抑制 

【一般管理費の低減】

● 人件費の抑制 ● 固定的な事務費用の削減

 

ホ) 医業収益対経常利益率 

i) 医業収益対経常利益率

医業収益に対する経常利益の割合を示す指標です。

医業収益対医業利益率と医業収益対経常利益率は、どちらも収益力を分析する指標です。

医業収益対医業利益率は本業の収益力を表す指標であり、医業収益対経常利益率は、病医院の総合的な利益構造を判断する指標です。

ii) 公式

 

iii) 判断のポイント

医業収益対医業利益率と比較して、医業収益対経常利益率が極端に低い場合、営業外費用が大きいと判断できます。

営業外費用には支払利息、有価証券評価損、有価証券売却損などが含まれます。

iv) 改善案

医業収益対経常利益率の改善には、資本調達の見直しによる金利負担軽減、本業に影響しない有価証券投資の売却など、財務戦略の見直しが必要です。

ページ:
1 2 3 4 5 6

7

関連記事

  1. 1 変動損益計算書を活用すると見えなかったものが見えてくる
  2. 3 事例病院の分析結果と問題点
  3. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  4. ◆平成29年医療法改正の概要
  5. 6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する
  6. ◆患者申出療養の概要
  7. 2 財務諸表の科目がキャッシュフローにどう影響するか
  8. 2 医業収益・利益の推移から傾向をつかむ

◇企業経営者向け

  1. 大阪の企業の社内チームワーク
  2. 起業、スタートアップ

◇ピックアップ記事

4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる

(1)短期的な支払能力をみるバランスのとれた安定した経営が行なわれているかどうか、病医院を取りま…

1-1 経営課題抽出の体系

 1 決算書分析の体系決算書分析では、損益計算書や貸借対照表などの決算書(財務諸表)を様々な…

1-2-2 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

2  売上・利益の推移から傾向をつかむ【分析ポイント1 事例企業A社の分析】…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP