自社の経営課題 整理法

1-1 経営課題抽出の体系

決算分析

1 決算書分析の体系

決算書の分析では、損益計算書や貸借対照表などの決算書(財務諸表)を様々な観点から分析することにより、会社の経営成績や財務状況の良否を判断します。

決算書分析を大きく分けると、「実数分析」と「比率分析」「損益分岐点分析」があります。

実数分析は、財務諸表の実数をそのまま利用して分析し、比率分析は、財務諸表の実数から関係比率または構成比率を算出して分析します。

また、損益分岐点分析では自社の採算ラインや経営安全度を把握することができます。

 

(1)損益計算書の分析

 

売上高、変動費、限界利益、人件費、人件費以外の固定費、営業利益、営業外損益、経常利益、一人当たり売上高、労働生産性、一人当たり営業利益、一人当たり経常利益、損益分岐点、売上高総利益率、限界利益率、変動費率、固定比率、売上高営業利益率、売上高経常利益率、労働分配率、経営安全度

 

(2)貸借対照表の分析

 

預貯金、自己資本、売掛債権、棚卸資産、買掛債務、有利子負債、流動比率、当座比率、固定比率、固定長期適合率、資本利益率、資本回転率

 

(3)キャッシュフロー分析

 

営業キャッシュフロー、財務キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、経常収支比率

固定ページ:

1

2 3

関連記事

  1. ◆経営計画の必要性
  2. 1-2-6 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ
  3. 業績向上と発展 ◆自社の経営効率の改善、生産性向上に繋げるAIの活用事例
  4. 大阪府の会計事務所 ◆中小企業の生産性を向上させる! テレワークの導入・実践法
  5. 1-2-5 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ
  6. あらゆるチャネルを連携させて顧客感動を実現する!
  7. マーケティング ◆ターゲット・マーケティングの実践法
  8. 大阪の企業の社内チームワーク 1-2-7 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

◇企業経営者向け

  1. 大阪の企業の社内チームワーク
  2. マーケティング

◇ピックアップ記事

1-2-2 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

2  売上・利益の推移から傾向をつかむ【分析ポイント1 事例企業A社の分析】…

1-3 貸借対照表分析で財務上の問題点を抽出する

1 貸借対照表を実数分析すると過去の取り組み結果がわかる(1)貸借対照表分析●3期比較  貸…

3 事例病院の分析結果と問題点

A病院のキャッシュフロー計算書から、以下のことがわかります。 【分析ポイント】1. 営業…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP