自院の経営課題 整理法

1-1 経営課題抽出の体系

 

2  「実数」「比率」の時系列分析で傾向と要因をつかむ

決算書診断の基本は時系列で比較することです。

少なくとも3期以上のデータを時系列に並べて期間比較し、その変化を見ることにより、その指標が上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかのトレンドを捉えることが必要です。

急激な変動があった場合には、何故、そうなったのか、その要因を探り、納得できるような答えが見つかるまで確かめることが重要です。

(1)実数分析

実数分析には、基本的な損益計算書分析、貸借対照表分析、キャッシュフロー計算書分析などがあります。

また、診療報酬実績の比較を診療行為別に区分した期間比較も必要です。

このほかに、患者数の増減による影響とレセプト単価の変動による影響も分析の対象となります。

増加、減少の要因を分析することによって、どこにどのような問題があるのか、いつまで、どうしなければならないのか、という改善策が明らかになります。

1. 損益計算書分析で確認すべきポイント 
損益傾向

医業収益の増減

3つの利益(限界利益、医業利益、経常利益)の増減

経費の推移(変動費、固定費)

部門別損益

※ 損益計算書分析では、財務会計による診断では正確な収益力を把握しづらいため、変動損益計算書に置き換えて分析を行います。

 

2. 貸借対照表分析で確認すべきポイント 

総資産・負債の増減バランス

自己資本の充実度

総資産の増減と自己資本の増減のバランス

売掛債権・在庫の増減バランス

  

固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

  1. 1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する
  2. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  3. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  4. 1 変動損益計算書を活用すると見えなかったものが見えてくる
  5. ◆平成29年医療法改正の概要
  6. ◆2015年度国民医療費、42兆3,644億円
  7. 3 事例病院の分析結果と問題点
  8. 2 財務諸表の科目がキャッシュフローにどう影響するか
PAGE TOP