自院の経営課題 整理法

6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する

病医院としては給与水準をおさえて、なおかつ労働生産性を上げれば、労働分配率が下がり、病医院の生産性が向上することがわかります。

 

 

この式より、平均賃金を下げるか、職員を減らすことにより労働分配率が小さくなることがわかります。

平均賃金を下げる手段としては、正規職員のパート化などが考えられます。

また、職員数を減らす手段としては、能力開発により職員の生産性を向上させることが考えられます。

 

【A病院の事例】

● 生産性・成長性分析

 

【生産性分析から抽出した問題点】

1. 限界利益率が低い ・・・仕入の見直しが必要

2. 一人当たり医業収益が少ない

3. 一人当たり限界利益が少ない

4. 労働分配率が高い

上記2~4について、下記に補足します。

● 一人当たり人件費は高くないため、職員数が多いと判断できる

● 一人当たり限界利益の増加

 

ページ:
1 2

3

関連記事

  1. ◆平成29年医療法改正の概要
  2. ◆患者申出療養の概要
  3. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  4. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  5. 7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる
  6. 1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する
  7. 4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる
  8. ◆2015年度国民医療費、42兆3,644億円

◇企業経営者向け

  1. 起業、スタートアップ

◇ピックアップ記事

4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる

変動費は医業収益に比例して増減しますが、医薬品費、診療材料費や検査委託費(外注費)など、外的要因で価…

1-1 経営課題抽出の体系

 1 決算書分析の体系決算書分析では、損益計算書や貸借対照表などの決算書(財務諸表)を様々な…

1-2-3 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

<< 前回の記事はコチラ4  取引先・市場・商品の推移で、売上の増減の要因をつかむ…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP