自院の経営課題 整理法

2 理想の財務バランスとは

クリニックの経営改善

貸借対照表は、大きく「資産の部」「負債の部」「純資産の部」に分かれます。

さらに、それぞれを細分化すると、「資産の部」は「流動資産」「固定資産」「繰延資産」に、「負債の部」は「流動負債」と「固定負債」に分類されます。

それぞれのバランスは、下記の図のように面積で考えると理想バランスがイメージしやすくなります。

貸借対照表を6つにブロック分けし、流動資産で2ブロック、それ以外では1ブロックずつとします。

 

 

流動資産は1年以内に現金化できるものであり、流動負債は1年以内に支払わなければならない債務です。

流動資産と流動負債の関係を見ると、流動資産が流動負債の2倍が理想形であることがわかります。

また、流動資産には棚卸資産も含まれており、すぐには現金化できないため、現金預金と比較的現金化しやすい「医業未収金」とを合計した「当座資産」を基準に考えると、当座資産と流動負債は同程度が望ましいといえます。

 

3  事例病院の分析結果と問題点

A病院の貸借対照表からは、以下のことがわかります。

【分析ポイント1】

1.総資産の増減 

平成16年1月期 661,517千円

平成17年1月期 621,288千円  △40,229千円

平成18年1月期 640,357千円  +19,071千円 

【増加している科目】 棚卸資産、投資有価証券、保証金、その他投資等

【減少している科目】 売掛債権、有形固定資産、繰延資産   

2.負債の増減 

● 流動負債

平成16年1月期 415,850千円

平成17年1月期 332,922千円  △82,928千円

平成18年1月期 379,554千円  +46,632千円 

【増加している科目】 短期借入金、未払費用、未払法人税等、預かり金

【減少している科目】 買掛債務、その他流動負債    

● 固定負債

平成16年1月期 106,831千円

平成17年1月期 148,696千円  +41,865千円(長期未払金含む)

平成18年1月期 119,506千円  △29,190千円(社債含む) 

【増加している科目】 長期未払金【減少している科目】 長期借入金   

3.総資産と負債の増減バランス 

総資産の減少20,160千円 <負債の減少23,621千円・・・・・判定「○」

【分析ポイント2】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 3 事例病院の分析結果と問題点
  2. 1-1 経営課題抽出の体系
  3. ◆患者申出療養の概要
  4. 7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる
  5. 6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する
  6. 4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる
  7. 2 財務諸表の科目がキャッシュフローにどう影響するか
  8. 4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる

◇企業経営者向け

  1. 大阪の企業の社内チームワーク

◇ピックアップ記事

4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる

(1)短期的な支払能力をみるバランスのとれた安定した経営が行なわれているかどうか、病医院を取りま…

3 事例病院の分析結果と問題点

A病院のキャッシュフロー計算書から、以下のことがわかります。 【分析ポイント】1. 営業…

1-1 経営課題抽出の体系

 1 決算書分析の体系決算書分析では、損益計算書や貸借対照表などの決算書(財務諸表)を様々な…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP