自院の経営課題 整理法

1-1 経営課題抽出の体系

 

1 決算書分析の体系

決算書分析では、損益計算書や貸借対照表などの決算書(財務諸表)を様々な観点から分析することにより、病医院の経営成績や財務状況の良否を判断します。

決算書分析を大きく分けると、「実数分析」と「比率分析」「損益分岐点分析」があります。

実数分析は、財務諸表の実数をそのまま利用して分析し、比率分析は、財務諸表の実数から関係比率または構成比率を算出して分析します。

また、損益分岐点分析では自院の採算ラインや経営安全度を把握することができます。

 

(1)損益計算書の分析

 

医院・病院・クリニックの経営課題

 

(2)貸借対照表の分析

 

医院の決算書

 

(3)キャッシュフロー分析

 

病院のキャッシュフロー

固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. ◆平成29年医療法改正の概要
  2. 3 事例病院の分析結果と問題点
  3. 4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる
  4. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  5. 1-3 貸借対照表分析で財務上の問題点を抽出する
  6. 7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる
  7. 1 変動損益計算書を活用すると見えなかったものが見えてくる
  8. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは

◇企業経営者向け

  1. 大阪府の会計事務所

◇ピックアップ記事

4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる

変動費は医業収益に比例して増減しますが、医薬品費、診療材料費や検査委託費(外注費)など、外的要因で価…

2 医業収益・利益の推移から傾向をつかむ

【分析ポイント1 事例病医院A医院の分析】<医業収益><経常利益…

3 事例病院の分析結果と問題点

A病院のキャッシュフロー計算書から、以下のことがわかります。 【分析ポイント】1. 営業…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP