自院の経営課題 整理法

1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する

1 キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフローとは、入ってくる資金(キャッシュインフロー)と出て行く資金(キャッシュアウトフロー)を総称したもので、資金の流れそのものをいいます。

キャッシュフロー計算書はその名の通り、貸借対照表や損益計算書のように発生主義ではなく、現金主義を基準にしたものです。
病医院経営における資金の出入りを明らかにするのがキャッシュフロー計算書です。

キャッシュフロー計算書は、その複雑化した動きを「営業活動」・「投資活動」・「財務活動」の三つに分けてとらえます。

単に「病医院の資金」としてではなく、「病医院の何の資金」というように性格別に見て資金の実態を正確に把握します。

 

 

(1)3つのキャッシュフローの考え方

① 営業キャッシュフローの構成要素

 

② 投資キャッシュフローの構成要素

 

③ 財務キャッシュフローの構成要素

ページ:

1

2

関連記事

  1. ◆患者申出療養の概要
  2. 2 医業収益・利益の推移から傾向をつかむ
  3. 6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する
  4. ◆2015年度国民医療費、42兆3,644億円
  5. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  6. 4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる
  7. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  8. 1 変動損益計算書を活用すると見えなかったものが見えてくる

◇企業経営者向け

  1. 決算分析

◇ピックアップ記事

1-2-5 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

7  外部データとの比較で、自社の現実を直視する【TKC BAST 平成20年指…

7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる

(1)損益分岐点とは損益分岐点とは、収益の額と費用の額が等しくなる点、すなわち利益も損失も生じて…

1-2-4 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

5  変動費の推移から、売上高とのバランスをみる変動費は売上に比例して増減しますが、材料費や燃料…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP