自院の経営課題 整理法

4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる

iv) 総資本対経常利益率の分解式

 

 

ロ) 経営資本対医業利益率

i) 経営資本対医業利益率の概要

医業活動を行うために投下された資本である経営資本に対して、医業利益がどの程度得られたかを示す指標であり、その病医院の本業である医業活動からの収益性を示すものです。

経営資本はその病医院の本業である事業活動に、実質的に用いている資産を指し、総資本から経営外資産(建設仮勘定など)を差し引いて求めます。

ii) 公式

iii) 判断のポイントと改善案

経営資本対医業利益率の改善策には、経営資本の圧縮と、医業利益の増大という2つの方向性があります。 

 

【経営資本の圧縮】 

● 効率の悪い設備等の売却 ● 設備等のリース化   

iv) 営業利益の増大

● 医業費用の圧縮

 

ハ) 自己資本対経常利益率 

i) 自己資本対経常利益率の概要

自己資本(自己資本)に対して、経常利益がどれだけ得られたかを示す指標です。

この自己資本対経常利益率は自己資本の運用効率を示すため、経営者が重視する指標です。

ii) 公式

ニ) 医業収益利益率

医業収益利益率は、医業収益と医業利益、経常利益、当期利益などの比率を測る指標です。

損益計算書を用いて計算します。

医業収益利益率の計算に共通する留意点は「採用する会計方針」によって、収益や費用の数値のとらえ方が変わる可能性があるという点です。 

i) 医業収益対医業利益率 

【医業収益対医業利益率の概要】 

医業収益対医業利益率は、医業収益に対する医業利益の割合を示し、この数値が高いほど利益率が高いことになります。

 

ii) 公式

iii) 判断のポイント

ページ:
1 2 3 4 5

6

7

関連記事

  1. 1-1 経営課題抽出の体系
  2. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  3. 6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する
  4. 7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる
  5. ◆患者申出療養の概要
  6. 1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する
  7. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  8. 2 財務諸表の科目がキャッシュフローにどう影響するか

◇企業経営者向け

  1. 業績向上と発展

◇ピックアップ記事

1-3 貸借対照表分析で財務上の問題点を抽出する

1 貸借対照表を実数分析すると過去の取り組み結果がわかる(1)貸借対照表分析●3期比較  貸…

1-2-3 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

<< 前回の記事はコチラ4  取引先・市場・商品の推移で、売上の増減の要因をつかむ…

2 財務諸表の科目がキャッシュフローにどう影響するか

(1)営業キャッシュフロー 貸借対照表の項目調整(2…

◇医業・福祉経営者向け

  1. クリニックの経営改善



アーカイブ

PAGE TOP