自院の経営課題 整理法

4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる

(3)資本利益率と資本回転率で資産効率をみる

 

収益性分析は、その病医院がいかに効率的に利益を得ているかの分析であり、一般に資本利益率から把捉されます。

資本利益率とは、その病医院が利益を得るためにどの程度の資本を使用しているかを意味し、資本とは具体的に資産を示すことになります。

この資本利益率は、下図に示すように公式を展開することができ、医業収益利益率と資本回転率との積となります。

 

 

したがって、収益性を高めるということは資本利益率を高めることを意味し、具体的には次のような方法が挙げられます。

 一定の医業収益に対して、いかに利益を多く獲得するか

 一定の資本(資産)に対して、いかに医業収益を上げるか

1.資本利益率 

資本利益率は資本(資産)と利益の関係を示すものですが、資本と利益の組合せからさまざまな資本利益率があります。

その代表的なものは次の3つですが、便宜的に他の組合せで分析する場合もあります。

イ) 総資本対経常利益率(ROA) 

i) 総資本対経常利益率(ROA)の概要

経営活動全体に投下された総資本に対して、経常的な経営活動の成果である経常利益がどれだけ得られたかを示す指標で、病医院の収益性を分析する代表的な指標です。

ii) 公式

 

iii) 判断のポイントと改善案

実務上は、同規模の同業他病医院と比較したり、前年と比較して判断します。

総資本対経常利益率は、単独に改善を図るより、全体の傾向をチェックするための指標です。

分析に際しては医業収益対経常利益率と総資本回転率に分解して、それぞれの改善を図る形で分析します。

固定ページ:
1 2 3 4

5

6 7

関連記事

  1. 7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる
  2. 1 変動損益計算書を活用すると見えなかったものが見えてくる
  3. 3 事例病院の分析結果と問題点
  4. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  5. 2 財務諸表の科目がキャッシュフローにどう影響するか
  6. ◆平成29年医療法改正の概要
  7. 1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する
  8. 4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる

◇企業経営者向け

  1. 業績向上と発展

◇ピックアップ記事

2 医業収益・利益の推移から傾向をつかむ

【分析ポイント1 事例病医院A医院の分析】<医業収益><経常利益…

1-2-3 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

<< 前回の記事はコチラ4  取引先・市場・商品の推移で、売上の増減の要因をつかむ…

4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる

変動費は医業収益に比例して増減しますが、医薬品費、診療材料費や検査委託費(外注費)など、外的要因で価…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP