自院の経営課題 整理法

4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる

 

(2)長期的な資金調達と運用状況の安全度をみる

1.固定比率 

イ) 概要 

これは固定資産を自己資本でどの程度賄っているかを示し、低いほどよい指標となります。

理想的には自己資本で賄い切る(100%以下)ことですが、わが国の病医院は固定資産を自己資本で充当することは困難で、130~170%というのが実態です。

 

● 良好な状態

● 自己資本不足

 

2.固定長期適合率

イ) 概要 

固定資産が、自己資本と長期にわたって返済する固定負債によってどの程度賄われているかを明らかにするための指標で、固定比率と同様低いほどよいことになります。

わが国の病医院では自己資本と固定負債によって固定資産を賄うケースが多く、70~80%が一般的です。   

ロ) 固定比率・固定長期適合率の改善のポイント 

a)固定資産を細分化して、設備投資の費用対効果を検証する

b)既存固定資産の売却処分を含めた、設備投資計画の見直しを行う 

  

固定比率および固定長期適合率は低ければよいというものではありません。

環境変化に即応した設備投資を行わなければ、将来の発展が望めないからです。

病医院の現況に適した投資を行い、長期の財務安定性とのバランスを取ることが必要です。

 

● 良好な状態

● 長期資本不足

● 自己資本不足

ページ:
1 2

3

4 5 6 7

関連記事

  1. 3 事例病院の分析結果と問題点
  2. 6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する
  3. 4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる
  4. ◆2015年度国民医療費、42兆3,644億円
  5. クリニックの経営改善 2 理想の財務バランスとは
  6. 1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する
  7. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  8. ◆平成29年医療法改正の概要

◇企業経営者向け

  1. 業績向上と発展

◇ピックアップ記事

1-2-3 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

<< 前回の記事はコチラ4  取引先・市場・商品の推移で、売上の増減の要因をつかむ…

3 事例病院の分析結果と問題点

A病院のキャッシュフロー計算書から、以下のことがわかります。 【分析ポイント】1. 営業…

1-2-6 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

8 損益分岐点分析で、自社の経営安全度をみる(1)損益分岐点とは損益分岐点とは、収益の額と費…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP