自院の経営課題 整理法

7 損益分岐点分析で自院の経営安全度をみる

つまり、損益分岐点が低ければ低いほど、病医院はより少ない医業収益で利益を得ることができます。

損益分岐点が低いということは、その病医院が医業収入の減少というリスクに強いことを意味します。

経営安全度については、高ければ現状または想定している医業収益が損益分岐点医業収益に対して余裕を持っていることになります。

 

 

 

(4)事例病医院の分析結果と問題点

【A病院の事例】

 

 

【損益分岐点分析から抽出した問題点】

損益分岐点比率が高い・・・ 損益分岐点の引き下げ→固定費の削減と変動費(仕入)の削減。目標としては85%程度

 

【損益分岐点比率を下げるポイント 】

損益分岐点を下げ、不況耐久力を付けるためには、病医院としては、いくつかの方策があります。

1つは、限界利益率を上げること、言い換えれば変動費(率)を下げることです。

具体的には、仕入、診療材料費、外注費、検査委託費の削減等がこれにあたります。

もう1つは、固定費を削減することです。

具体的には、正職員を減らしパートタイム・アルバイトなどのより弾力的な雇用への切り替え、外注、アウトソーシング等がこれに相当します。 

ページ:
1

2

関連記事

  1. 1-4 キャッシュフロー分析で資金上の問題点を抽出する
  2. 8 収益性悪化の要因をつかむ
  3. 6 外部データとの比較で、自院の現実を直視する
  4. ◆患者申出療養の概要
  5. 4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる
  6. 3 事例病院の分析結果と問題点
  7. 4 外部データとの比較で、自院の財務体質をみる
  8. ◆平成29年医療法改正の概要

◇企業経営者向け

  1. 大阪府の会計事務所
  2. マーケティング

◇ピックアップ記事

1-2-2 損益計算書分析で収益性の問題点をつかむ

2  売上・利益の推移から傾向をつかむ【分析ポイント1 事例企業A社の分析】…

4 変動費の推移から医業収益とのバランスをみる

変動費は医業収益に比例して増減しますが、医薬品費、診療材料費や検査委託費(外注費)など、外的要因で価…

3 事例病院の分析結果と問題点

A病院のキャッシュフロー計算書から、以下のことがわかります。 【分析ポイント】1. 営業…

◇医業・福祉経営者向け



アーカイブ

PAGE TOP